お知らせ・イベント

カテゴリー:お知らせ一覧

明日はいよいよさくら祭り!

2017年4月1日 投稿者:安藤和広

明日はいよいよさくら祭り!

本日はあいにくのお天気ですが、明日は晴れます。
桜の方は微妙ですが、明日一気に咲いてくれるでしょう♫
お祭りのチラシについて変更があります。
出店者 
三代目清水屋さんが出店できなくなりました。
武蔵ワイナリーさんが出店となります。
店舗名 クレープリーボナペティ→ワーズカフェ
イベント
バルーンの実演(校庭)
10:00~
14:00~
和紙のふるさと児童合唱団(教室2)
12:00~
なお、映画「春なれや」の半券をお持ちの方は値引きになる店舗もあるようです(^^)
これより前日準備!
皆さまのお越しをお待ちしております!
※地区のみなさま
日頃よりご支援、ご協力ありがとうございます。
さくら祭り当日はご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

しもざとマイ米田んぼ2017 参加者募集

2017年3月20日 投稿者:安藤和広

マイ米田んぼ2017 参加者募集中です!
0116f34f41aed6608920c777b1082cd2ff86acce03

この季節募集ばかりですみません(^^;

下里3区の耕作放棄地を利用してのお米作りも5年目を迎えます。
参加者の皆さんのおかげで年々耕作放棄地が耕作地へと変わっております。

5月~11月の年5回のスケジュールで、お子さんも一緒に参加可能。
収穫したお米の5kg付です(^^)

詳しくはこちら⇒⇒マイ米田んぼ2017 ご案内

田んぼの雑草「こなぎ料理」やりますよ~
IMG_6301

どなたでもお気軽にご参加いただけますのでお気軽にお申込みください♪

新年度のしもざと有機野菜塾もまだ空きがございますので、こちらもご連絡くださいね(^^)

しもざと有機野菜塾第6期生募集

2017年2月7日 投稿者:安藤和広

2017年度のしもざと有機野菜塾の日程が確定いたしましたのでお知らせいたします。

詳しくはこちら⇒⇒H29小川町しもざと有機野菜塾 ご案内

しもざと有機野菜塾は主に有機農業初心者の方を対象にした講義となります。
安心して食べられる美味しい野菜を家庭菜園で作ってみようかな…とか、貸農園で自分で野菜を作ってみようかなという方にちょうど良いコースとなっております♫

もちろんすでに農業をやられている方も受講されていますのでどなたでもお気軽にご参加ください。

また、仲間を作る場所としてもご活用いただければと思います。
第1期~第5期までで受講者数も120名を超えました。
今では修了生の方々の多くが自分で野菜作りをしています。

中には就農された方もいらっしゃいます。

その他、すぐに畑はできないけれど興味ある、、という方でも食やエネルギーについて学ぶことができます。

今回6期目となるわけですが、毎年とても面白い仲間(県内、都内その他隣県から社長や学生色んな方々)が集まり楽しい講義となります。

1年に1度の受け付けですので興味のある方はぜひご参加ください(^_^)

※受付メールのご返信が遅くなりますがご了承ください。

養蜂体験ワークショップ募集終了のお知らせ

2017年1月30日 投稿者:安藤和広

養蜂体験ワークショップにつきまして、たくさんのお申込みありがとうございます(^^)

すでに定員の25名を超えて30名に達してしまいましたので参加者の募集終了とさせていただきます!

開催につきましてまたご連絡いたしますのでもうしばらくお待ちください!

新年あけましておめでとうございます♫

2017年1月1日 投稿者:安藤和広

旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。

これから「養蜂体験ワークショップ」「さくら祭り」「有機野菜塾」とイベント等が行われます。
それぞれまたお知らせでもご案内していきますので楽しみにしていてください。

また、移住サポートセンターの運営も行っておりますので

□小川町に移住したい方
□使っていない空家がある方

など、お知り合いの方がいらっしゃいましたらご紹介ください。

それでは皆様の2017年が良い一年となりますように(^^)

養蜂体験ワークショップ参加者募集!

2016年12月5日 投稿者:安藤和広

養蜂体験ワークショップ開催します!

15228017_1814393382176627_580870435_n

詳しくはこちら→→→「養蜂体験ワークショップチラシ」
       →→→「養蜂体験ワークショップ申込書」

いま、はちみつの人気が高まっています。はちみつは、みつばちが花から集めてくる自然からの贈り物。貴重な甘味料であるだけでなく、さまざまな薬効や美容効果が知られています。

 埼玉県小川町下里集落は、有機の里として有名ですが、農薬を使わずに安全に育てられた作物は、みつばちにとっても大切な蜜源になります。また、下里の里山には、たくさんの蜜源植物がありますが、里山を守り、育てることは、みつばちを育てるためにも、とても重要です。さらに養蜂が広まることで、近年増えてきている耕作放棄地を蜜源として活用することにつながっていく可能性もあります。

「養蜂体験ワークショップ」の講師は、埼玉県で養蜂業を営む花園養蜂場の松本文男さん、松本洋子さん、松本鮎子さん。プロの養蜂家が、蜜源植物、養蜂の1年、みつばちの生態、巣板作り、採蜜などをていねいに解説。初心者でも安心して受講できます。養蜂ワークショップを通して、里山の自然を守ることの大切さを知り、みつばちと人の暮らしを次世代につないでいくことができればと願っています。

みつばちやはちみつが大好きな人、なぜか気になる人、下里で養蜂について楽しく学びましょう。

また、もっと深く学びたい人は、プロの養蜂作業を見学・体験できます。事務局までご相談ください。

すでに何名かのお申込みもいただいております。

興味のある方はお早めにお申し込みくださいませ(^^)

※本事業は小川町総合戦略推進補助金を受け「はち・ひと・しごと共生総合戦略事業」として実施いたします。

ココルミネストアにて

2016年12月4日 投稿者:安藤和広

「ココルミネストア」

環境教育ということでお世話になりましたルミネさんのお米、新宿のNEWoMan(エキナカ)のココルミネストアで販売開始されました♫
img_0055

下里一区の田んぼで作られた美味しいお米、お土産にぜひお買い求めください(^^)

「資源循環型の里山をつくろう! 里山の落ち葉・薪活用のためのワークショップ」 開催いたしました♫

2016年11月15日 投稿者:安藤和広

「資源循環型の里山をつくろう!
里山の落ち葉・薪活用のためのワークショップ」
開催いたしました♫

早稲田大学の天野先生にまず大きな視野から下里までご講演いただきました。
なぜ里山の資源を利用するのか、なぜ有機農業なのかという現場まで一本の明確な道筋をお話をいただきました。
孫の代まで続く話ですが、今私たちができることがあること、などとても楽しくわかりやすい内容のものでした。
01769015c28c4894debb89a48dc6aa1ab22b2869e7
その後のワールドカフェ形式のWSでは参加者の皆さんも課題が明確になったところで、実行の際の問題点はあるものの、それぞれが何がしたいのか、どうすればいいのか、何ができるのか、といった意見を出していただきました。

その中には楽しい内容のものや移住サポートセンターを絡めた話、継続的にやっていくには、などたくさんの意見が出てきました。
010bfed9df05240a6987a37795ef015c99bf74f25d

WSで出てきた内容につきましては、次回以降のWSとして行なっていきたいと思いますので、今回参加できなかった方でもぜひぜひご参加ください(^^)

※本事業は、学校法人早稲田大学と株式会社ブリヂストンが連携して設置したプログラム「W-BRIDGE」の平成28年度研究活動委託を受け実施しました。
JPG_wbridge

資源循環型の里山をつくろう!ワークショップのご案内

2016年11月3日 投稿者:安藤和広

資源循環型の里山をつくろう!
里山の落ち葉・薪活用のためのワークショップのご案内

ご案内はこちら↓↓↓
資源循環型の里山をつくろう!

2014年度からNPO法人霜里学校は早稲田大学天野研究室と連携し、W-BRIDGE(早稲田大学とブリヂストンの連携による研究活動制度)から委託された研究活動を行ってきました。

その研究を通じ、「下里では、里山の落ち葉が堆肥づくりなどに継続的に使われてきましたが、里山の落ち葉の利用は生物多様性への良い影響(色々な植物が増えるなど)があるものの、里山の雑木を定期的に間伐して燃料・原木等に利用するなどして、若い木が常に成長しているような循環する森でない場合は、
二酸化炭素を吸収するのではなく、排出してしまう(温暖化の要因)」ことがわかってきました。
また、下里の有機農業には落ち葉利用は不可欠であるものの、全ての農家が森林を持っいるわけではなく、また山を持っていても、管理が難しい方もいます。
そこで活動研究3年目の今年は、地域の中で里山の雑木を薪や炭として利用することや、里山の落ち葉を使いたい人たちが使えるようにするためにはどうすればいいのかなど、皆で考えるワークショップを行うことにしました。
話し合った内容はマニュアルにして公開する予定です。

詳しくはこちら→資源循環型の里山をつくろう!

長く書いてあるとわかりづらいかもしれませんが、要は、身近にある山を「里山」として、雑木等の材や薪、肥料としての利用や生物多様性や温暖化防止への寄与の観点から有効に活用するためにどうしたらいいのか…ということを一緒に考えるワークショップです(合っているかな?(^-^;)

皆さまのご参加をお待ちしております!!

OgawaOrganicFes2016

2016年9月9日 投稿者:安藤和広

9/10は小川町移住サポートセンターとして「OgawaOrganicFes2016」にブースを出します。

小川町駅から一つ先、東武竹沢駅から巡回バスも出ておりますので遊びにきてください♫

小川町の良いところだったり農家さん、地元の美味しいお店の出店などありますよ〜

*車は停められませんので歩きかバスにてお越しください(^^;;

詳しくはこちら→「OgawaOrganicFes」