しもざと有機野菜塾

塾長・講師紹介

金子美登

塾長 金子美登

1948年小川町下里に生まれる。1971年農林水産省の農業者大学校の第1期生として卒業。同年下里で有機農業を始める。化学肥料・農薬等に依存せず、身近な資源や自然エネルギーを生かし、食物だけでなくエネルギーも自給して自立する農法を実践している。

化学肥料や農薬に依存することなく、身近にある資源を生かし小動物や微生物が充満する生きた土をつくる。工業と違い、土をつくれば設計図は全て種子の中にあるのが農業の世界です。そして、手間をかけ世話をすればするほど正直にこたえてくれるのが野菜達です。豊穣なる土を軸とした美しい四季のなかで、大地という最高のキャンパスを用意してお待ちしています。

石川宗郎

講師 石川宗郎

1972年、横浜生まれ。1996年、栃木県那須のアジア学院に学び、卒業後アジアの農村に憧れて、「砂糖の島」フィリピン・ネグロス島に渡る。同島でNGOスタッフとして、「金を儲けるため」ではなく「家族が食べていくため」の有機自給農場の立ち上げに十年以上携わる。現在は霜里農場スタッフとして、金子さんや研修生達と畑を耕す毎日。野菜に囲まれて三人の娘も元気一杯に育ち、父親として幸せを噛みしめている。

小川町の豊かな自然に皆さんと学び、命あふれた野菜、手作りの幸せを共に育めることを楽しみにしています。私も半人前の百姓なので、よろしくお願いします!

有井佑希

講師 有井佑希

山口県出身。大学で環境問題・国際問題を学び、その解決の糸口として有機農業の世界に魅了され、霜里農場の門戸を叩く。他の農場を含め3年の農業研修講師を経て、小川町で田畑を始め4年目。

霜里農場で研修し、小川町で就農しながらまだまだ学びの途中です。山と川に囲まれ、里山の風景が広がる有機の里で実践をしながら有機栽培の基本を一緒に勉強しましょう。何でも質問してください。